ドナルド・トランプ氏とメディアの対立について

1月11日次期大統領であるドナルド・トランプ氏が記者会見を行いました。
間もなくアメリカ合衆国の大統領になるトランプ氏ですが、大統領選においてロシアの工作員がサイバー攻撃を行った問題について言及しました。
ロシアのサイバー攻撃に関しては含みを持たせましたが、それよりも問題となったのがこの件を報じたCNNへの批判です。
会見中にCNNの記者からの質問には「(質問するのは)君じゃない。君の組織は酷い。偽の報道だ」と批判しました。
事実がどうかはさておき、会見に来た記者にここまで強い発言をするトランプ氏には違和感を覚えます。
他社の報道陣からもこの件に関してはかなりきつく突っ込まれていましたが、自分にとって良くない報道をする者を排除するようなやり方を
アメリカ合衆国の大統領がするのはどうなのでしょう。
オバマ政権に関しても否定的なコメントをしており、世界経済にも影響を及ぼす立場だけに今後の動向が気になります。