歌が上手でアクの強い女役を演じることも多い麗泉里さん

2012年に98期生として宝塚歌劇団に入団した麗泉里さん。初舞台公演は、宙組『華やかなりし日々』でした。
月組に配属になり、2014年『明日への指針』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、主人公ジェイクの少年役に選ばれました。2015年『1789−バスティーユの恋人たち−』新人公演では、革命家デムーランの恋人リシュルを演じました。2016年トップスター龍真咲さんのコンサート『Voice』では、龍さんとのデュエットも披露しました。
2017年『カルーセル輪舞曲では、最後のパレードの一番初めの歌手エトワールに選ばれ伸びやかな歌声を披露しました。同年『All for one〜ダルタニアンと太陽王〜』新人公演では、ルイ14世の母親で摂政のアンヌ皇太后を演じました。本公演では、フランスを牛耳ろうと企む枢機卿マザランの姪の1人を演じ、ルイ14世が踊る場面ではソロを披露しました。2018年『エリザベート』新人公演では、皇太后ゾフィーを演じています。本公演では、王宮の女官を演じています。http://www.uehira.jp/